梅毒 に感染したかも って不安になったら 自宅で検査

梅毒 に感染したかも って不安になったら 自宅で検査

梅毒は感染後の期間によって、発症の場所や内容が異なり、
個人では判断しにくい性感染症です。
梅毒の症状から検査、治療までの流れを説明します。

 

 

梅毒ってどんな病気?

梅毒は、梅毒トレピネーマという病原菌が原因で発症します。
感染原因として1番多いのは性的接触によるものですが、他人の粘膜や皮膚との直接的な接触などでもうつる性感染症です。
病名の由来となった楊梅(ヤマモモ)に似ている赤い発疹など、全身に様々な症状が出てきます。

 

具体的な症状?

第一期(感染後約3週間)

感染した部位(陰部や口唇部、肛門など)にしこりが出ることがあり股の付け根のリンパ節が腫れることがあります。痛みがない場合が多く、時間が経てば自然に軽快するため梅毒に気付かず放置してしまいがちです。完治した訳ではなく病原体は体内にあるため接触した人に感染させる場合があります。

 

第二期(感染後数か月)

3ヶ月もすると病原体が全身に運ばれ、手のひらや足の裏、体全体に赤く薄い発疹が出る場合があります。またこの症状も数週間すると消えては再発したりを繰り返します。(病原菌が消えたわけではありません)

 

第三期(感染後数年)

皮膚や筋肉、骨などにゴム種と呼ばれるゴムのようなコブができます。
また、心臓や血管、脳などの複数の臓器に病変が生じて場合によっては死に至ることもあります。
妊婦が感染すると胎児に感染して死産や早産、新生児死亡、奇形などが起こる場合もあります。
※早期に治療する場合が多く、有効な抗菌薬もありここまで進行することはほとんどなくなりました。

 

主な感染経路

性的接触(性器と性器、性器と肛門、性器と口などが主な感染経路となっています。
検査方法
医師による診察と血液検査(抗体検査)で判断します。
性感染症の場合、恥ずかしさと周囲にバレてしまうことが嫌で発見が遅れてします場合があります。
早期発見と早期治療ができれば完治する病気がほとんどです。

 

そんな方にオススメ!

 誰にも知れずに性病検査(郵送検査)の予防会がオススメです。


誰にも知れずに性病検査(郵送検査)の簡単な流れ

1,検査キットを選択します。

オススメの検査機関(宛名や荷姿などにもプライバシーを守るために工夫されています)
症状・病名・性別などで検査キットを探します。
2,検査キットの使い方

指示された方法で採血などを行います。
3,検査物の返送

郵送にて検体を返送し検査してもらいます。
4,検査結果の確認

検査結果は、インターネットでPCやスマホで確認できます。


 

治療方法は、

薬物療法で病原菌を殺すペニシリン系の抗生物質を使うのが一般的です。
症状によっては入院して点滴治療する場合もあります。

 

まとめ

梅毒は感染から発症するまでの潜伏期間が長く、発症しては軽快し発症場所も変化するやっかいな病気です。「もしかしたら・・」「あの時かも・・」と心配な方はキチンと検査して感染していないか、確認しましょう!
繰り返しますが、現代では、早期発見・早期治療で治る病気がほとんどです。

 

大切なのは早期発見です。性感染症はパートナーや周囲の方に感染させてしまうリスクがあります。
早期発見し早期治療すれば完治するものがほとんどです。
HIVなどであっても、早期発見できれば内服薬などでエイズの発症を抑えることができます。